FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-11-21

お久しぶり

長らく放置しておりまして…
書きたいことはいっぱいいっぱいあったけれど、
毎日毎日あっという間に過ぎ去ってしまって。

そもそも家にいるときはずっと夫とイチャイチャしているので
ゆっくりと文章書くことが物理的に不可能だったり。
一緒に暮らして3年、結婚して2年以上、
なんで未だにこんなに仲良しなんだろうね?自分で笑っちゃいます。

私のブログの過去記事には
転職前の心の揺れ、前の恋人との別れ、引越し、そして旦那さまとの再会から結婚にいたるまで…
数年前の色々な出来事がこと細かにつづってある。
今はもう非公開にしてあるそれらの記事を、今日はそれを本当に久しぶりに読み返してみた。

20代の後半は、本当に大変だった。
社会人としても女としても、人間としても全てが中途半端。
何を決断するにも、オロオロと迷ってばかり。

そんな若かりし頃の自分に言ってあげたい。
 
    大丈夫だよ!
    あなたがちゃんと前を向いて頑張ってたら、見ていてくれる人はちゃんといるよ。
    恋人と別れても変な男と変なつきあいしないで我慢した方が絶対いいよ。
    もうすぐ、あなたを大きな力で包んでくれる素敵な人に出会えるよ。



ブログをはじめてから数年。

ここにたくさんの言葉を綴っていた日々を思い出す。
私は心細かったし、自分で自分のことを愛せなくて
行き場のない気持ちを持て余していた。

私も年をとり、オネエチャンではなくオバチャンに近づきつつある。
しわもたるみも増えたし、もうとても裸をここで晒す勇気はないけれど、
(そもそも需要もナイだろうw)
人生のパートナーに巡り合い日々の暮らしが豊かになって、あのころよりも何十倍も何百倍も幸せだ。

自分の存在を、無条件に受け入れ愛してくれる人がいる。
何かに失敗しても、うまくいかないことがあっても、
ひとりでジタバタしないで済むってなんて素敵なことだろう。

いつも傍にいてくれる夫へ。
これからも一緒に歩いていこうね。


2011-10-05

テスト

携帯から書き込みテスト

近日中、更新するかも?

2011-03-09

君がいなけりゃ夜は暗い

夫が、海外出張のためしばらく不在です。

ひとりで暮らすって、こんなに大変だったっけ。

働いて、くたくたになって家に戻って
ひとりで眠ってひとりで朝を迎えて
そしてまた働いて。

独身の頃はこれが当たり前だったのに。
十年以上、そうやって過ごしてきたのに。

今はひとりでいると
大げさじゃなくて息を吸うことすら苦しく感じる。

一緒に食べてくれるひとがいなかったら、食事ってすごくつまらない。

話す相手のいない夜は、
どこまでもどこまでも続いて永遠に終わらないんじゃないかっていう絶望的な気分になる。

たった数日の不在でこれだもの、
もし別居とかするようになったら、私の寿命は確実に縮むに違いない。

早くかえってきてね、だんなさま。

…いまだにこんなに仲良しなのって、やっぱり気味悪いのかなぁ。笑

2010-11-04

10億円

ここ数日、小さな生活上のトラブルが積み重なり、
ひとつひとつはたいしたことのないことのはずなのに
さすがに積算されると、じわじわとボディブローのごとくダメージが…

めそめそしたりイライラしたり、
運の悪いことにそこに月のモノも重なって
久々に収拾のつかない感じの愚図りがはじまってしまった。

こういうとき、脳内放送垂れ流しで
やれアイツが気に食わない
やれあれはこうするべきだった
わーわーイライラするー
などと延々とりとめなく喚き散らすわたくし。

そして不毛なネガティブスパイラルに自ら落ちていく私を
たしなめるでもなく、呆れるでもなく
いつものようにニコニコしながらそばにいてくれる夫。

「マキちゃんさ、今すごく具合悪くなってるよね?」
「うん…」
「この具合の悪さを1日とりさって楽にしてもらうためだったらいくら払ってもいい?」
「10万円!」
「じゃあさ、その10万円を1年ずっと払い続けるとすると?」
「3650万円」
「で、マキちゃんがおばーちゃんになるまで30年として、
30年ずっと払ったら全部でいくらになるかねー?」
「10億くらいかな?」
「だったらこれから調子崩さないで毎日いられたら、10億円節約できるってことだよ!」
「なんじゃそら
「だから、早くよくなーれー

こんな調子で、
勝間和代のような妙な説得力で私を慰める(?)夫。

おかげで、いつまでもプリプリ怒ってるのがバカバカしく思えてきて
本日はすっかり平常心を取り戻しました。

あー、大好きだ、だんなさま!!

2010-06-12

またしても

おひさしぶりの更新でございます。

元気に仲良く暮らしてますよー。

ベッドを買ってからというもの、
暇さえあればいちゃいちゃ、
朝起きればいちゃいちゃ、
夜も眠りにつくまでいちゃいちゃ、

そんなダメ人間みたいな毎日です。

いい加減、倦怠期とか、そーゆーものが訪れてもいいんだろうけど。
なんか、仲良しすぎて親戚の小学生にまで半笑いされたりしてますよ。

ふたりあわせて70ウン歳のいい大人が、なーにやってんだか。笑







そしてね。

やっぱり仲良くしてる私たちを見ると
色々言ってくる人はいるんです。

赤ちゃんのご予定は??

ってさ。




ありませんから!!!

というかね、
わたし、
これは結婚してから猛烈に自覚しちゃったんだけど…



子どもが欲しい って、どうしても思えないみたいです。。。



なぜだか、妊婦さんの大きなお腹をみると気分悪くなる。

赤ちゃん抱いて幸せそうな若夫婦に、悪態つきたくなってくる。

周りの人間に愛されて当たり前と言わんばかりに振る舞う幼児をみると、
憎しみに近い感情すらおぼえる。



そして、そのたび、そんな自分にぞっとする。

わたしだって、そうやってこの世に生まれて大人になったはずなのにね。

なんて罰当たりなことなんだろう…。



もちろん、普通に「小さき生き物、庇護すべき存在」として
いとおしいとか、かわいらしいっていう気持ちは感じるし
自分の甥とか姪に関してはそういう思いはそれなりに持てている。

でもね、マイナスの感情がわいてくるときって、
「考える」とかそんなプロセスはないの。
脊髄反射的に、嫌悪感がおそってきちゃうんだ。

そんなこと、認めるの怖かったけど、
でも、事実だからしょうがない。




早く赤ちゃんが欲しい って、切望する人も世の中にはたくさんいて
望んでも妊娠に至らない人もたくさんいて
それなのに、こういう風にしか感じられない自分って
どこかおかしいんじゃないかって思う。




あー。言っちゃった。
言っちゃった。
言っちゃったよー。

なんで子どもがキライかって、理由を自己分析するならば、
そりゃあもう思い当たることは山のようにある。

語り始めると、思いっきり毒を吐くことになる。
それをすることで、得られるものもあれば
きっと、失うものもたくさんある。

こんなこと、友達には言えない。
親には絶対絶対言えない。

夫には…言葉を濁して、伝えたことはある。

「子どもがいたっていなくたって、
どっちにも大変さはあるんだし、
マキちゃんの人生だからマキちゃんの好きなようにしたらいいよ。
子ども作るために結婚したわけじゃないしね。」

そういってくれた。
すごいなぁ、やっぱり私が惚れた男だ!!





あー。すっきりした。
やっぱりさ、ブログ消さないで残しといてよかった。
今日は心からそう思った。



もしかしたらね、10年だか20年たって、後悔するのかもしれない。
産めるうちに産んどけばよかった って。

でも、そんな後悔は、できることならしたくない。

だから、やっぱり、辛い作業だけれど

「子どもうみたくない」

っていう、拭っても拭っても取りされない想念と
じっくりつきあわなきゃいけないんだと思う。





2010-02-24

進捗状況

確定申告の還付金でベッドを買うことにした私たち。
何度か家具屋に足を運んで、やっと品物を決めてきました。

ガタイのいい我々…
いや、ガタイのいい旦那さまと寝相の悪い私にとって
ベッドのデカさは何よりも大事。
ここは迷わずクイーンサイズにしましたとも!

この時点でフレームの選択肢は必然的にかなり絞られました。
(クイーンはそもそも殆ど展開されてない)
ふたりとも「あ、これがいいねー」と意見が一致したものがあったので
即決。

だが。しかし。

マットレスの好みが、ぜーーーんぜん違いました。
展示品のベッドに寝っ転がっちゃー起き、寝っ転がっちゃー起きを
延々数十回繰り返し、品評会。
「これは固すぎる」
「これはやわらかいけどすぐへたりそうだ」
「あたしこれがいい」
「えーこれじゃかたすぎるでしょ」
……。

きまらなーーい!!!!

最終的に、店に置いてある一番高いヤツがふたりともお気に召したので
それで落ち着くかと思いきや、
クイーンサイズがメーカー在庫切れ

あぁーーーーーーーもう!

しかし、サイズはどうしても妥協したくなかったので
またゴロゴロと品評会を再開。

あーつかれたよ。

この時点で力尽き、
まだパッドとかシーツとかお布団とかベッドカバーとかが買えてません。

愛しのベッドちゃんの到着までは2週間ほどかかるらしいので、
それまでの間まだしばらくは家具屋詣でが続きそうです・・・

長い割にオチのない記事ですなぁ。

2010-02-16

思うこと

しばらく休眠状態だったこのブログ。
なんでまた急に記事を書きだしたのかというと…

吐き出したい気持ちが暴れだしそうになってきたから、なのかもしれないな。

いつもココでは幸せだー幸せだーとウザイくらいにのろけてますけど、
そりゃね、一緒に暮らしてれば小さい諍いくらいはありますよ。
でもでも、そういうことをイチイチ不満に思ってても
だーれも幸せになんかなれない気がする。
だから、基本、夫への小さい不満は「気にしない」し
どうしても流しきれないことは、本人と直接話し合って解決することにしてる。

よく、自分のダンナの悪口を延々と文章にして残す人いるけど。。。
それってみっともないしもったいないと感じる。

だってさ、アンタが選んで結婚した人でしょ?

その相手に悪口吐き出し続けるのって、
天に向かって唾を吐くような行為だと思うよ。




夫には、日常生活で発生するいろんな悩みだったり愚痴だったりを
殆ど全部、聞いてもらっていて
広い心で受け止めてもらっているし
こういうだんなさまと結婚できた自分は本当に幸せだと思ってる。

でも。
こんなに信じて頼ってる相手にも、
(いや、そういう相手だからこそ…なのか)
相談できないことが一つある。

口に出すと、これまで必死で抑圧してきた感情が噴出しそうだし
ぎりぎりのところで均衡を保っていた何かが崩壊して
何か大事なものを失いそうな気すらするんだ。

だから、書きたいのに書くのが怖い。

そんなかんじ。

2010-02-12

あぶくぜに

ただいま、確定申告の準備中。

いやんなるほど天引きされてたおかげで、
今回は40万くらい還付されるという凄まじい事態に。

喜びも多少は感じつつも、「なんだかなー」という腑に落ちない感情が圧倒的に強い。

別に株で損したとかそういう事情じゃないんですよー。
単純に、所得税をどんぶり勘定でガッポリもっていかれていただけ。

むー。

せっかくだから貯金…とはいかず
新婚さんらしく、一緒に眠れるおおきいベッドを買うことにしました。

なんか、仲良さげ。

ぷぷぷ。
プロフィール

マキ

  • Author:マキ

  • だいすきな人の妻になりました。
    なんだかんだで5年以上が無事経過。

    今日も隣で眠れることの幸せを毎日かみしめています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。